自己啓発

2017年11月06日

(要約)進路については、自分がやりたいことで、自分が行ける範囲で一番レベルが高いところに、ためらうことなく、迷うことなく踏み込むことである。

学歴と野球という、一見なんの関係もないように見えることについて検討してみよう。
プロ野球選手には、高校を卒業してすぐに入団する選手と、大学や社会人野球から入る選手がいる。では、一般的には、甲子園で活躍した球児は、どうしたらよいか。もちろん、学歴と野球は関係が全くないので、勝手にしろなのであるが、実は、選手本人にとっては、相当真剣に検討すべきことがある。

まず、超一流選手についてみると、高校からすぐに入団した選手ばかりではなく、大学や社会人から入った選手もいることがわかる。江川卓氏や、落合博文氏がそうだ。古くは長嶋茂雄氏も大卒である。

しかし、その次のランクとなると、高校を出てすぐプロになった選手が圧倒的に多いのである。

日本の大学スポーツは世界的にもレベルが高い。野球は特にそうだ。しかしそれでも、プロの方が優れているのである。それでおまんまが食えているいう事実は甘くみてはならないのである。

これは、微差といったどころの話ではない。もしこれからプロとしてやっていくとしたら、素質も努力も抜群のプロ選手の中でやっていくのに、絶対に無視してはならない格差である。

つまり、高校を出てプロで成功したいならすぐプロ野球に進んだ方が有利であるということである。

ここで注意することがある。

1)プロ野球の監督やコーチには、高学歴のものが多くいるということである。
これから、何も考えなければ、大学をでてから行っても同じくらいかそれ以上によいと思うかもしれないのである。

2)プロでうまく行かない場合の保険として大学に行こうという考えもある。しかし、これは二兎を追うものは一兎をも得ずということになりがちである。

2013年日本シリーズを制した楽天イーグルスの田中将大選手は、高校時代、駒大苫小牧高校のエースとして甲子園の決勝で投げている。その時の相手チームの投手は早稲田実業の斎藤祐樹選手である。

斎藤選手はハンカチ王子として大人気となり、本が何冊もでるほどだった。斎藤選手は早稲田大学へ進み、大学野球で活躍した後、プロ野球に入ったが怪我をしてしまい、一時は二軍中心の不本意な成績だったようだ。
その後復活したが、田中選手ほどの活躍ではないといえる。

一方、田中将大選手は高校卒業後すぐにプロ野球へ入り、大活躍することになった。
さらに、大リーグにも高額の契約で移籍し、ヤンキースで活躍している。


もっとも本人たちは、進路の選択でどの程度考えたかは知らない。大学は面白そうだとか、ドラフトに指名されたので、「大学で講義なんか聞かなくて済むし、プロになれは、給料がもらえて車も家も買えてラッキー」ぐらいの軽い気持ちで決めたのかもしれない。(笑)

だが、野球に限らず、もし私が有為な若者に何かアドバイスをするとしたら、自分がやりたいことで、自分が行ける範囲で一番レベルが高いところに、ためらうことなく、迷うことなく踏み込めというだろう。(^^)


xnomb at 17:37 

2014年07月24日

こんなことをいうと歳だといわれそうだが、現在の若者はものすごく恵まれていると思う。

若いうちから様々な経験を積むことがますます容易になってきている。
ネットがあり、とても少ない費用でビジネスを含む様々な活動を始められる。

進路という点で述べてみよう。
弁護士になるには、かつては50倍ぐらいの司法試験に受からなければならなかった。現在でも難しいものだが、それでも20%以上の合格率だ。そしてロースクール(法科大学院)は定員割れのところが多いという状況だ。

医学部も入学定員数は増えている。ほとんどの大学で入試に面接があり、数倍の倍率で落としている。現在の医学部受験の難しさは異常ともいえるが、どこの国でもある程度学力が高い層でないと授業についていけないので、結構難しいはずである。

それに、医学部に理系(さらには文系も)の優秀な学生が集まっているので他の学部は入りやすくなっている。

チャンスはどんどん広がっているのである。


xnomb at 21:06トラックバック(0) 

2011年06月23日

★放射線について勉強することにしました。

ネットでは放射線・放射能の話が出回っていますが、
不正確な情報も多いようです。

つけやきばではありますが、
放射線計測学、放射線生物額、放射線物理学
の本を読んで勉強しようと思います。

それで、今読んでいるは、

Radiation & Health
(放射線と健康)

という大学生用の英語の本なのですが、結構面白い。
基本から書かれていてよいです。




英語なので毎日少しずつですが、
ベクレル氏やシーベルト氏の写真も載っていて楽しいです。


それと、ネットで見つけた論文はこれ。

Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know

http://www.pnas.org/content/100/24/13761

ちなみに、

これだと、放射線の被曝量が100ミリシーベルト以下は問題ないではなくて、
年20ミリシーベルトで5年くらせばガンのリスクがでてしまうことになります。

(日本語による紹介と抄録がありました。)
【寄稿】「低線量被ばくによるがんリスク」論文解題:調麻佐志・東工大准教授
http://smc-japan.org/?p=2026


(メモ)
そのほか参考にしようと思っているページ

低線量被ばくの人体への影響について:近藤誠・慶応大
http://smc-japan.org/?p=1627

ICRPとECRRそれぞれの勧告について:専門家コメント(SMC JAPAN)
http://smc-japan.org/?p=1941

xnomb at 09:31トラックバック(0) 

2009年11月07日

★現在既に仕事をもっているという人で、

医療分野に進もうかと考えている人がいるだろう。


この場合、重要なことは、何がしたいかということである。


(1)医療系のどの分野に、どの程度興味があるかということだ。臨床なのか、基礎医学なのか。

(2)そして、それにどのような関わり方をしたいのか。医者なのか、看護師か。あるいは医薬品の開発か。

(3)それがどんな利益を生み出すのかを考えることである。
つまり、なんらかの価値を見いだせなくてはならない。

(4)そして、そのための方法を考えるのである。


どういう人が、医療系に向いているといえるだろうか。
一般の次のようなことはいえる。

・人を救うことが自分の天命だと思う。
・カウンセラーなどをしているのだが、いつまでたっても生活がとても苦しい。

という場合には、医療系のほうがよくはないかと思う。

さて、自分が医療系の適性があるかということを考える人が
いるかもしれないが、

そんなことを気にする必要はないといいたい。(笑)

また、適性について、他の人に相談することも参考になるかもしれないが、他人が判断することは困難なのである。

というのは、ある人が医療系に向いているかということをいうには、以下のようなことがいえなければならないのである。

1.(社会人の場合)現在の仕事が向いていない。
まず、医療以外の仕事をしていて、今やっている仕事がやりたいことで、それに向いているのならば、それを続ければよいのである。医療系に向いてもいなくても関係ない。

2.性格が医療系に向いている。
どんな性格が向いているかなどと一概にいえないのである。

というのは、どんな人が医療分野に向くかということ自体が問題だからだ

どの分野でも、いろいろな人たちが必要なのである。
医療においても同じである。


3.能力を身につけることができる。
技術や資格を得るための時間的・金銭的・能力的な余裕がある。

4.利益がある。
本人にとって、関係者にとって、社会にとって利益があることが必要である。

5.着手の処を知っている。
医療系に向いているとしても、では次ぎに何をしたらが重要である。
どこから始めればよいか言えないなら、それはどこで売っているかわからない商品の宣伝のようなものである。(もっとも、最近はインターネットで検索できるので、その分ハードルが低くなっているといえる。)

誰も他人のために、こんなことを真剣に考えている時間はなかろう。

それに結局自己責任である。自分で判断し決断するのでなくては
意味がないといえる。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村


xnomb at 17:19トラックバック(0) 

2009年10月26日



★週末はアクティブ・ブレインセミナーに参加してきました。

日曜はアドバンスコースにでました。

記憶法を超えたアクティブ・ブレイン記憶法


文章を覚えるといった高度なことまでどんどんできるようになりとても感動しました。(^^)

せっかく学んだので、練習してうまく使えるようになりたいです。

このセミナーですが、かなりよくできています。教え方の面でもとても参考に
なりました。

講師の小田全宏氏は、人材育成の会社を経営し、アクティブ・ブレインセミナーを創始し、富士山を世界遺産にする活動のリーダーであり、作曲をしてフルートを演奏してCDまで出すという多才な方です。まさに教育者というかんじでとてもよかったです。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村




xnomb at 10:53トラックバック(0) 

2009年10月17日

★天才になる方法を考えてみる。


・まず、何に天才になるか決める。

・そのためにも、自分の適性、性格タイプを明らかにする。

・現実的な方針を立てる

・よい指導者をもつ、ないしよい出会いをする
夢を語り合える仲間をもつ

・徹底的に反復行動する

・理想の環境を整える

・緩急のリズムをつける

・創造性を発揮する
時代の状況を自分の人生として生きる


といっても


やはり時代の流れに乗り、時代の課題に答えることが天才
発現に必要であるといえる。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村



xnomb at 04:37トラックバック(0) 

2009年08月16日

たましいの声を聴く1 何の能力開発をするか


★不況になると、セミナーや資格試験予備校などははやりだします。

自分がいつ職を失うかわからない。

そこで、履歴書の資格欄に何かかけるものはないか、などど
考え出すのです。

それで、どうすれば能力が開発できるかというのがクローズアップされて
くるのです。


さて、ここで問題は、何の資格をとろうかということです。

それ以前に、何の能力を開発しようかといったことが課題になります。

サラリーマンやOLたちは、浮足立っているような感じがします。

自分に向いていないことをやっても意味はありません。


特に


ビジネスでは、35歳をすぎたら、向かないことはしないことですね。(笑)

さて、ではとうしたら自分に向いているものを見つけることができるでしょうか。

それは、意外と簡単な方法があります。

興味がある仕事をしていたり、資格を持っている人に実際に会ってみるのです。

あるいはその人の働き方を見てみる。

そして、自分がどう思ったかを省みて見るのです。


相手がどうであるかは関係がない。


もし、その人がとても素晴しく優秀であったとしましょう。

その時、自分が、自分もそうなりたい。一歩でも近づきたいと
思ったら、その道をいけばよいのです。

でも、自分にはとても無理だと思ったら、それは心の底でなりたくないと
言っているのです。

一方、ある資格を持っていても、とても駄目で、能力がない人を見たとしましょう。

この時、こんな資格をとっても無駄だと感じたら、やめた方がよいのです。

それは、つまり、資格をとっても駄目な自分であるとたましいが言っているのです。

それとは逆に、自分ならもっとうまくやれるとか、こんなアホでも
この資格がとれるのだから、自分にとってはちょろいと思えるのなら、
やればよいのです。


すなわち、

自分の考え自体ではなく、その背景にあるものこそ
本当の自分の姿を写しているのだと考えることが、自分の本当の
気持を知る上で絶大なるヒントを授けてくれるのです。


<本日のあっほ〜〜〜〜〜〜〜〜〜>
己の適性を知るには、進もうしている分野の先輩をみて、
どう感じるかを自分自身に聴け。



xnomb at 08:26トラックバック(0) 

2009年07月19日

★宗教上の考察と、科学的知識を混同するのはよくない。

・科学だけだすべてでないとかいいながら、科学の成果を勝手に当てはめようとしている
生物学者がいる。

私の母校の先輩(名誉教授)なのだが、(爆)

自分の宗派とよくあうように生化学をだして、
サムシンググレートなどといっているのだね。(笑)

これは、反科学の「インテリジェント・デザイン」(反進化論の一つ)である。


別に気にはしないが、一つ残念なのは

無知な大衆を欺いている。

そして彼等の、人文社会学的な考察の


「科学的根拠」(?)


に使われてしまうのである。


彼らの言いたいこと自体は、比較的「まともな」宗教上のメッセージなのだが、

これでは、真のエリートの心には届かなくなる。



xnomb at 22:49トラックバック(0) 

2009年04月06日

★今回は、自分一人が成功するのと社会全体へ影響を与えることの困難さの分野別度合いについて考察します。


個人と社会では、断然、、

社会を改革するのが困難です。

でも、個人の中でも困難さのちがいがあります。


それは、自分自身のみのことと、結果を出すことです。

結果を出すには、社会が関係しているので、その分困難になります。


本人自体のことでは、自己啓発と能力開発です。

1.個人の心を変える。習慣や態度を変えることです。

これが、一番容易です。なぜなら、一人でもできるからです。


2.個人の能力を改善する。

1よりは、時間がかかります。

また、能力というのは社会や時代によって
異なっています。江戸時代には、割り算は高等数学でした。今では小学校で
学びますね。今は人気のある英会話ですが、ホームレスでもしゃべる国は
あるわけで、日本でもそのうちそうなるかもしれません。

つまり、社会的なことも影響していて、自分だけでどうこうするということが
できない面があるわけです。


結果を出すには、単なる学習以上の努力が必要です。

この中でも、まだやりやすいのは、

3.ビジネスで社会的・経済的に成功する。

です。

一見、大変に見えますが、仕事にはいろいろなものがあるわけです。

自分の適性にあった仕事を選んでいけば、よいのだから、
見かけほど困難ではないと思います。


4.芸術・芸能・スポーツで成功する

これは、社会人として成功するのより断然困難の度合いが高まります。

これは、お金があっても、本人の意欲や資質というか、そういうものがないと
やる気にならないし、うまくもならないものです。

それに、、、、

オリンピックで5位とかいっても、さほどの注目はあびません。


仕事ならば、どの分野でも世界5位なら、ものすごい成功です。(笑)


このように考えると、

自分の生活を正すのがもっとも容易で、かつ、
もっとも生産性が高いことがわかります。

また、結果を出すなら、ビジネスが容易であるということが言えると思います。

もっとも、、、

一番生産性が低いのは、そもそも何もしないことです。


スポーツの論評をしたり、芸能人のゴシップとかに喜んでいるということ
が一番割りがあわないということになるのでしょうか。


とにかく、、、


言えることは、能力開発は比較的容易であるということです。

試験勉強なら、まずすればよいのですから。




xnomb at 12:17トラックバック(0) 

2009年03月06日

人を励ます言葉


★「夢はでっかく 根は深く」

梶川塾セミナールーム『蟠竜洞(ばんりゅうどう)』に
掲げてある、相田みつをの書(コピー)の文面です。

大きな夢を持ち、大きくいきよう。

そのために人知れぬ努力を続けようという
ことだと思います。


私の大好きな言葉です。


成功とか、お金持ちになるとか、愛されるとか、というより
自分にはぴんとくるのですね。


言葉には、人をいかす力があると思います。

どういう言葉がよいかは、人それぞれでしょう。

誰もが、自分自身でないと己の潜在能力を発揮できないのです。

だから、他の人が何に興味を持ち、なんと言っているかではなく、


自分が元気になるにはどうするか


を考えた方がよいのです。


にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へ こちらもぜひ投票をお願いします。



xnomb at 10:37トラックバック(0) 

2009年03月05日

★自分が、やりたくて、やりたくて、やりたくて仕方がない
ことを探すのである。

その中に、大学で学んだほうがよいものがあるなら、それを
すればいいのだ。


受験戦略といっても


すべてはそこから始まる。


blog ranking 面白かったら、ここをクリックしてください。

にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へ こちらもぜひ投票をお願いします。



xnomb at 14:33トラックバック(0) 

2009年03月02日

★21世紀の教養には、必ず必要なことがある。

それは、自然科学の素養である。


・将来の歴史家が必ず言明するであろうこと。

それは20世紀における科学の進歩である。

自然科学は、他の知識の進歩と同様に捕らえることはできない。


したがって、これから文明が続く限り、自然科学的な知識、発想
がリーダーの常識になっていくのである。

これが、近代以前、ないし19世紀までの知識人の素養とは全くことなるものである。


つまり


文系とか理系といった区別は、本質的に意味のないものになって
いくことだろう。


blog ranking 面白かったら、ここをクリックしてください。

にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へ こちらもぜひ投票をお願いします。



xnomb at 13:17トラックバック(0) 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
RSS
  • ライブドアブログ