受験戦略

2020年02月09日

日本では看護師になるには様々なコースがありますが、高校卒であれば、専門学校で学ぶこともできます。そのほか大学や短大の看護科でも学べます。そして、卒業後国家試験に合格するというのが多いでしょう。

私は看護の専門学校で非常勤で教えているので、進学を考えている方、家族や知り合いで、看護師になりたい人がいる人向けに、看護の専門学校について書いてみます。

(ご注意)私は1つしか専門学校を知らないので、その学校の特色である可能性があります。
それでも、内部から見たという点で、参考になるかもしれません。
もちろん、私個人の感想にすぎないことを予めご了承ください。

1.看護の専門学校について
1−1.カリキュラムについて
1)大学とそん色ないカリキュラムである。
約3000時間のカリキュラムのうち実習が約1000時間あります。指導もきめ細やかで、看護科の先生方の熱意には頭が下がります。

2)一般教養は少ない
一般教養はありますが、大学と比べれば絶対的に少ないです。というか専門の勉強が忙しくてやっている暇がありません。

1−2.学生・教員
1)学生
よく知られていることですが、看護の世界は女性が多いです。男子学生もいますが、入学生の1割弱です。学生は、新高卒から大卒、社会人まで18歳から40代までいます。

2)教員
教員も女性が多いです。私の勤めているところでは、看護科の常勤は全員女性です。管理職も事務方の一人が男性で後は女性ばかりです。教員は看護の現場で実務を経験してきた人が多い。

1−3.国家試験対策
看護の国家試験に合格しなければ看護師になれないので、授業の補講や対策講座、模試などやっています。

1−4.就職
資格があるのは有利だと思います。実習先の病院に就職する学生も多く、それだけ実習をやる側も受け入れる側も真剣であるといえます。



2.専門学校の魅力
2−1.3年で卒業できる。
これは、大学より1年早く卒業できます。早く仕事に就きたい人にとっては大きな利点です。(ただし保健師などになるには進学しなればならない。大学の場合、4年で看護師と保健師の資格が両方とれるところがある)

2−2.入りやすい
大学より簡単に入れます。学力については、高校できちんと勉強していれば大丈夫です。
学校推薦やAO入試などもかなり門戸は広いです。
また一般入試も、科目も少ない。数学がないところもあります。私の勤めているところは、英語の試験がありません。これは多少問題があると思いますが、受験生を集めるためにそうなってしまったのです。

2−3.学費が比較的安い(公立の場合)
公立だと学費も比較的安いのが魅力的です。住んでいる県だとさらに安くなることもあります。

3.注意点
3−1.誰もが卒業できるわけではない。
入学すれば全員卒業できるといいたいのですが、実際は違います。私が教えに行っている専門学校では、3年で卒業できたのは、8人に7人といったところでした。退学はどの学年でもあります。

3−2.大卒の資格がとれない
日本国内では問題になりません。
ただ他の先進国では看護師の標準的な学歴は大卒です。国によっては大学を卒業していないと看護師として働けません。
現時点で、EUで働くには、ヨーロッパに行って大学入学資格をとり、大学1年生から勉強をやり直すことになる可能性が高いです。

3−3.入学後の勉強はハード
勉強はやることが多くとても厳しいです。バイトの暇もないです。
公立で学費が比較的安いと、家計が苦しいけど頑張って看護師になりたいという人が出てくるかもしれません。働きながら通学しようとするわけですね。ところが、夜間バイトなどをしていると、昼間ぼーっとしていて勉強にならなくなる。結局勉強に追いつけなくなるというリスクがあります。これには注意が必要です。


4.入試
4−1.様々な入り方がある
社会人入試もやっていることがあります。また、推薦入試やAO入試などもあります。また一般入試でも入試に数学がないところもあります。私が教えに行っているところでは、一般入試に英語がありません。教科は国語と数学Aだけです。上でも述べたとおり、学校の授業をきちんと受けていれば問題ないでしょう。

4−2.不合格になることもある
これは歯学部でもそうですが、定員割れしていても不合格者はでます。私が教えに行っている専門学校でも、20名以上欠員がありますが、社会人・新大卒入試では社会人は5倍以上でしたし、一般入試でも2倍以上で最後の日程は6倍でした。
医療系の場合、適性が問われますから誰もを入れるわけにはいかないので仕方ないですね。

5.その他
クラブ活動とか、やはり低調だと思います。学生は勉強が第一で、趣味は気晴らし程度しかできないでしょう。スポーツなど思い切りやりたい人はやはり大学などへ行くしかないと思います。


何かの参考になれば幸いです。

xnomb at 10:05 

2016年03月12日

今年度から東京大学では推薦入試が、京都大学では特色入試が始まった。

1.東大は100名の募集で合格77名だった。初回にしてはうまくいったのではないか。条件が厳しすぎて志願者が少なかったということはあるが、これは調整していけばよいわけだ。
京都大学も同様で、定員割れが続出したようだが、これも次年度以降考えればよいことで、従来の入試で一律にやるよりよほどよい。

2.ただし問題点もある
京都大学の特色入試において、数学が難しすぎるという声があったようだ。私は、これははっきりいって問題があったと思う。

理学部だっていろいろあり、野外で地形や地層の調査をする人もいれば、植物の分類をする人もいるわけだ。一般入試の問題ですら難しいのに、それに輪をかけたぐらいではない、猛烈な難問では、一部の才能しか見れないのではないかと思う。

ただ、もし数学や物理学の早熟の天才だけを探そうというのなら何の問題もない。彼らに高校レベルのテストなど必要ない。

京大特色入試に超難問 数学の筆記試験“五輪級”:京都新聞



また、このような入試で入った学生にたいしてフォローはあるのか。これは他の学校でも同じである。一芸があるからと入学させて、あとは自分でやれとは無責任である。

3.あと、個人的な興味なのだが、合格者の高校は、やはり名門進学校が抜きんでている。これは一般入試と同様である。ただし、もちろん一般入試では拾えない地方の秀才も合格しただろう。

東大推薦入試77人の「天才」たち:サンデー毎日


>東大の推薦は、1校当たり男女1人ずつという縛りがあります。開成や灘などの『トップ10』で全合格者の3割を占め、さらに関東の学校の集中や男子学生が多いという、偏った状況を改善するための制度設計といえます

マニアか業界関係者ぐらいしか興味がないと思うが、教育産業の対策についても書いておく。

予備校は今回は、対策がおおむね追いついていなかったようだ。
というか、はっきりいって、レベルが高すぎて手も足もでないという状態ではないかと思う。

そんな中で、ある塾の合格者が突出している。慶應大学のAO入試でも評判の塾なのだが、どうやったのだろう。知りたいものである。

2016年度東大推薦入試合格者詳細 AO義塾とは?:東大学歴研究会


xnomb at 20:52トラックバック(0) 

2015年08月23日

医学部については、大学の他の学部を卒業後、編入するというやり方がある。多様な人材を得る上で意味のあることだと思う。
ただ、私は以前、医学部編入の予備校で働いたことがあるので言えるのだが、このやり方には注意が必要だ。
それは、大学受験生が、医学部に合格できないので、とりあえず他の学部に行ってから編入を狙うというのではかえって遠回りになってしまうのだ。

というのは、医学部進学予備校では、なかなか合格できずに、何年も浪人している受験生がいる。その時、講師は、「医学部には学士編入というのがある。だから、薬学部など他の学部でもよいから進学して、どうしても医学部に行きたければ、それから考えたらとどうか」とか言うのである。
だかこれは、本当に生徒のことを思っているかはわからない。実は、面倒を見るのが嫌になって、生徒を早く追い出したいのである(笑)

だが、うかつにもそれを信じてしまうと、かえって大変になってしまいかねないのである。なぜなら、この制度は、他の学部をでて、研究能力のある人とか、また社会経験を積んだ人に、持ち味を活かした医者になってほしいという趣旨なのである。

私の経験では、学士編入試験で合格した生徒ももちろんいた。しかし一方、3年ぐらい仕事をやめて勉強しても、合格できずに去っていった生徒も何人もいたのである。数か月か1年でいなくなってしまう受講生はもっと多い。
(受験をやめたのか、独学でやるのか、他の予備校に変えたのだろう。)

それと、リンク先では明言されていないが、編入と学士編入は異なる。
編入は例えば大学2年生も医学部の3年次になるために受験できる。(単位等の条件はあるが)
しかし、学士編入は大学卒業して入るのである。(卒業予定者は受験できる)この場合は短大卒や専門学校卒では受験できない。

短大卒でも合格! 定員260人、医学部編入という「ウルトラC」
(President Online)

xnomb at 11:48トラックバック(0) 

2014年08月30日

面接の対策はした方がよい。本当に志望するなら当然である。

ただし、入試の面接試験について留意しておく点が一つある。

それは、どの程度面接を重視しているかは、実ははっきりしないのである。
さらに、面接試験の基準がどのようなものであるか公開されていないのである。

つまり、巷であれこれ言われていることがあっても全て憶測である。

その大学の教授に聞いたとしても、たまたまその研究室の考えにすぎないかもしれない。そもそも他人には話さないはずだ。

このことを知っているだけでも、周りの雑音に惑わされることは減ると思う。

そのことを前提としてなのだが、やはり重視されていると考えた方がよい。

だから、本気で入りたいなら一応の準備はしていくものなのである。

xnomb at 11:42トラックバック(0) 

2013年03月09日

医学部入試は難しいとよく言われる。
だが、難しいと言われすぎて、かえって入りにくくなっている面がある。高校生のうける試験なのである。必要な知識は学校の教科書の範囲である。世間の受験常識に惑わされないことだ。

医学部が難しいと言われるには3つの理由がある。

1.まず、医学部受験は確かに簡単ではない。他学部と比較して現実に難しいのだ。

 事情を知らない人は不思議だろう。以前から比べて、医学部の定員は増えており、高校生の数は減っているのにである。
 これは、以前のように、比較的入りやすかった医大の難易度が上がり、学力の低い学生は入るすべがなくなった。つまり、大学間の差が縮まったのである。

 以前の獣医学部受験生のようなものだ。獣医になるには、どこも同じように難しく、国立だと東大や京大ぐらいしかなのでどうしようと悩んだ受験生がいたわけだが、今の医学部もだんだんそうなってきたのである。

2.次に受験生にとっての感触である。つまり成績のよい生徒でも落ちている。
入試問題自体はさほどの難問でなくても、満点近くを狙うのは大変である。
当日のできによって、好成績の受験生でも落ちることがあるのだ。
数学や物理で満点でも、国語で点を下げてしまえば、全体としてはそこまでいかないのだ。
つまり、センター試験で9割を目指すなど、優秀な受験生でも、人によっては、目標設定が不合理である。

3.そして、予備校や受験本の影響である。
はっきりいって、医学部受験専門コースは値段が高い。
これで、医学部が大したことがないなんて言えないのだ。(爆)
受験生だって、難しい試験だから落ちたのだ、何年も浪人しているやつもたくさんいるのだと自分を納得させやすい。

しかし、現役で合格する生徒がたくさんいるのである。

さらに、考えてみよう。
多くの難関の試験では予備校に通わずに合格するのが不可能に近いが、大学受験では独学で合格できる。つまり、本当は全然独学ではないのである。知識は学校の授業で十分ということなのである。

やることをやれば、合格できる試験である。
このことを忘れて、他人やネットの意見に惑わされてはいけない。

xnomb at 23:27トラックバック(0) 

2011年07月07日

★医学部編入試験では、たいてい志望動機書というのを書かされる。

志望動機書が大事なのは言をまたない。

しかし、医学部編入試験ではなおさらなのである。

大学側としては、なぜ、わざわざ医学部に入りなおすのかを知りたいわけだ。

それに、

最初にやる一次考査は書類審査という大学も多い。

志望者が多いので、それで絞ろうというわけだ。

だから、

志望動機をいかに書くかというのが大切になってくる。

そこでのコツを2つ述べよう。

一つは、

自分で一生懸命考えることである。

二つ目は、

書いたらたくさんの人に見てもらうことである。


多くの人に見てもらい、意見を聞くのがとてもよいのである。

予備校の先生に診てもらうというのはもちろんよい。
だが、それが全然役にたたないことだってあるのだ。


もちろん、

何人の人に見てもらっても、その意見をそのまま取り入れるのはまずいだろう。

しかし、一つ一つを吟味していけば、改善されていくのである。

これが意外に知られていないことなのだ。

そして、案外実行されないことでもある。

医学部への編入試験を受けるには準備もたくさん必要だし、
費用も手間もかかる。

ところが、人によっては、さほど大変ではないこういうことを
なおざりにしていることがよくあるのだ。

医者とか、医学部の教授と同年代の人に見てもらうのはとてもよい。


お試しあれ。(^^)


以後ときどき、試験勉強について書きます。

xnomb at 19:23トラックバック(0) 

2009年11月07日

★現在既に仕事をもっているという人で、

医療分野に進もうかと考えている人がいるだろう。


この場合、重要なことは、何がしたいかということである。


(1)医療系のどの分野に、どの程度興味があるかということだ。臨床なのか、基礎医学なのか。

(2)そして、それにどのような関わり方をしたいのか。医者なのか、看護師か。あるいは医薬品の開発か。

(3)それがどんな利益を生み出すのかを考えることである。
つまり、なんらかの価値を見いだせなくてはならない。

(4)そして、そのための方法を考えるのである。


どういう人が、医療系に向いているといえるだろうか。
一般の次のようなことはいえる。

・人を救うことが自分の天命だと思う。
・カウンセラーなどをしているのだが、いつまでたっても生活がとても苦しい。

という場合には、医療系のほうがよくはないかと思う。

さて、自分が医療系の適性があるかということを考える人が
いるかもしれないが、

そんなことを気にする必要はないといいたい。(笑)

また、適性について、他の人に相談することも参考になるかもしれないが、他人が判断することは困難なのである。

というのは、ある人が医療系に向いているかということをいうには、以下のようなことがいえなければならないのである。

1.(社会人の場合)現在の仕事が向いていない。
まず、医療以外の仕事をしていて、今やっている仕事がやりたいことで、それに向いているのならば、それを続ければよいのである。医療系に向いてもいなくても関係ない。

2.性格が医療系に向いている。
どんな性格が向いているかなどと一概にいえないのである。

というのは、どんな人が医療分野に向くかということ自体が問題だからだ

どの分野でも、いろいろな人たちが必要なのである。
医療においても同じである。


3.能力を身につけることができる。
技術や資格を得るための時間的・金銭的・能力的な余裕がある。

4.利益がある。
本人にとって、関係者にとって、社会にとって利益があることが必要である。

5.着手の処を知っている。
医療系に向いているとしても、では次ぎに何をしたらが重要である。
どこから始めればよいか言えないなら、それはどこで売っているかわからない商品の宣伝のようなものである。(もっとも、最近はインターネットで検索できるので、その分ハードルが低くなっているといえる。)

誰も他人のために、こんなことを真剣に考えている時間はなかろう。

それに結局自己責任である。自分で判断し決断するのでなくては
意味がないといえる。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村


xnomb at 17:19トラックバック(0) 

2009年08月17日



自分の適性を考える(勉強法)

★Wセミナーのパンフを見ると、ある公認会計士Sの勉強法に
ついての経験談が載っていた。

彼は、受験のプロを探しそのやり方を真似ようとし成功した
という。そこで、東大生の中の優秀な学生を探したのである。

Sが目をつけた「東大君」は大学1年になったばかりで、
某予備校全国10位以内という秀才だった。予想どおり
翌年余裕で1発合格したという。そして、その
彼をモデルにしてSも1年後に合格圏内に入ったという。

彼は簿記はパズルのようなものだと言ったそうである。
簿記の勉強が苦痛だったS氏は目からうろこだったそうな。

だが、私見ではS氏がうまくいったのは、その「東大君」と
性格が本質的に似ていたのである。

だから、1日3時間ぐらいしか自宅学習の経験がなく
浪人時代は授業の半分は出ないでゲームセンターで遊んで
いて受験技術がなかったというS氏でもやればできたのである。

その彼の特徴としてS氏は次のように書いている。

・人の3倍勉強することを楽しんでいる
・強烈な競争心を持っている
・気持ちの切り替えが早い

ところで、これは私の性格と反対である。(爆)

・私は人の3分の1ぐらいしか勉強しないし、
・競争心があまりなく、
・気持ちの切り替えがあまり早いほうではない。


つまりさっぱりなわけだね。(笑)×2


では、そのように試験には不利な性格の持ち主でも
なんとかやれる方法を見つけなければならないのだ。

ここで、努力しないのは、単に根性がないだけだとも言える。(爆)

だが、これは性格でもあるのである。注意欠陥多動症候群(ADHD)の傾向を持っているわけだ。

したがって、自分に合わせたやり方を考えなくてはならないのである。

私と同じタイプの人のために、ヒントを言っておこう。

それは、


一時にひとつのことをやる


ことだね。(^^)


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村




xnomb at 01:21トラックバック(0) 

2009年08月16日

★指導する側からみて、相性というのはどういうもの
かを話しましょう。


これは、他では読めないと思います。


1.先生と生徒の相性について

しばしば、先生と生徒の相性というのが問題になります。


特に、家庭教師や個別指導では気にする保護者がいるのですね。


実際はどうなのでしょう。

経験豊富な個人指導の指導者・家庭教師にとって、生徒の相性というのはあるでしょうか。

下を読む前に、少し考えてみてください。










(考え中)















実は、相性というのは、あるけどないのです。

いや、ないけどあるのです。

詳しくいうと、以下のようになります。


(1)一般的にいえば、相性などほとんどない。

一般に相性が云々というときは、実は指導がうまく
いっていないだけなのです。

実力のある指導者は、うまく指導できる力があって当然で、
その意味では、相性などほぼありません。

実際、実力のある指導者は、相性が原因で交代されられる
ということは、ほとんどありません。


(2)それでも相性はあるのです。

教師も生徒も個性があります。だから、絶対的な向き不向き
が存在するのです。


特に問題なのは、先生の頭脳がよほど優秀で、
生徒のほうが、とても怠け者の場合です。


どうしてそんなことが、起こるのか、
詳細は省略しますが、


その場合、、、

なんと、相性の悪さに、生徒のほうが気がつかないのです。(笑)

むしろ、いい先生にであったと思っている。

何ヶ月たっても、成績が伸びないのに親子とも気がつかないという
信じられない事態が起こってしまうのです。

この場合、先生の側が、指導を辞退しなくてはなりません。


(3)先生を交代できるというのは意味があるか

大手の家庭教師センターの広告を見ると、

相性が悪ければ、講師を交代できると書いてあるところが
多くあります。

これは、営業上、

あと数ヶ月でも、指導期間を引き延ばそうとしているのです。

(大規模センターの場合、交代できること自体は悪くないと
思うのですが。)

家庭教師センターのセールストークにだまされてはいけません。

相性ではなく、単に、講師の指導がうまくないだけなのです。



xnomb at 12:49トラックバック(0) 
★今回はあまり知られていない、大学の編入試験の長所と落し穴について
書きます。

それは、試験日が分散していることです。

これは受験生からみると、年に何回も受験のチャンスがあるということになります。

国立大学だけで年に何校も、私立大学まで受ければ何十校もうけたければ
うけられるのです。

落ちたらかといって、来年までまたなくてもよいというのは、
受験生にとって精神的に楽といえます。


ところが、


試験がありすぎるというのも問題なのです。

シーズンが年に何回もあり、全国を飛び回ることになったりします。
それだけで、交通費と宿泊費と受験料で何十万円以上にたっするでしょう。


それより困るのは、試験をうけるのに忙しく、勉強が進まないということがあるのです。(笑)

基礎的な知識の習得ができなくなるのです。

しかも、編入試験は一般試験よりも大学により試験内容の違いが大きい。

試験対策もままなりません。

・落ちても1年またなくてもよいというのが利点と書きましたが、

合格しなければ、毎月落ちる状態が2年でも3年でも続くわけです。

芸能界のオーディションと同じだと思えばよいのですが、精神的に
まいってしまうことがあるのです。


★そして、しまいには、その状態になれていまい、

今月は試験がないからと、一般入試を入れていた生徒もいた。(笑)

一般入試と編入入試は、もちろん同系統ならば関係ないということは
ないですが、やはり違いは大きいものです。
一般入試で理系と文系の両方の学部をうけるようなものです。
(注:やりようによっては可能です。医学部の場合、両方受ける受験生もいます。でもあまりお奨めはしません。)


そのような状態を続けてもしょうがないので、編入か一般入試かに
絞るべきと言っても

「やれることを全てやらないと後悔するから・・・」

などと、わけのわからないことを言って続けたりします。(笑)


★ベストを尽くすとは、自分のできることを最大限にすることです。

・それには、目的を明確化することが第一です。

・受けられるからといって受けすぎないことです。

でも1校だけだと、リスクがあります。再受験生の場合一刻もはやく専門に
進んだ方がよいといえます。だから、
どうしてもある学校のある先生について学びたいといった場合を除き
志望校を1校に絞るのはお奨めしません。

志望校群で考えるのが何校も受けられる利点がいかせてよいといえます。

・そして、編入が一般入試かに絞り、自分が解きやすい同傾向の試験をする数校
(せいぜい5〜8校)について集中的に準備し万全の体制で受験することです。


<今回のまとめ>
1.編入試験は試験の時期がずれているので年中何校も受けられる。
2.しかし、それに惑わされて、自分の学習を乱してはいけない。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村



xnomb at 11:29トラックバック(0) 

2009年08月09日

★四年制大学進学率が初の5割超えとなった。

大学進学率、四年制で初の5割超え(日経WONAN)

>2009年度の学校基本調査速報によると、今春の新規高卒者と浪人生を合わせた四年制大学への進学率は50.2%と初めて5割を超えた。


受験者のうち入学できる「収容率」は92%と全入とまではいかないが、
希望すればほとんどの高卒者は大学に進学できる。

もちろん、希望の大学・学部ということになると有名(名門)の難関校は競争が激しいことは間違いない。

これからは、単に大学に進学するのではなく、大学で何をしたいかが重要になってくるといえるだろう。




xnomb at 10:47トラックバック(0) 

2009年03月09日

★3月9日、文部科学省より高校学習指導要領が発表された。

文科省:新しい学習指導要領【高等学校・特別支援学校関係】

高等学校学習指導要領

新旧対照表


これについての考えは、また別に書こうと思います。


xnomb at 17:51トラックバック(0) 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
  • ライブドアブログ