2020年03月02日

COVID−19国際協力

新型コロナ感染症(COVID−19)の対策については、台湾がWHOに加盟していないことが問題となった。
これは、中国が参加を拒んでいることがある。
日本は、台湾を念頭に、WHOの理事会で発言した。(1)

2月6日、スイス・ジュネーブで開かれている世界保健機関(WHO)の執行理事会で、在ジュネーブ政府代表部の岡庭健大使は「特定の地域がオブザーバーとしての参加さえ認められないことによる、地理的な空白を生み出すべきではない」と発言した。

米国も同調したが、中国は「強烈に不満だ」と応じた。

日本は、中国が反対することでも必要なことを言うのはとても良いことだ。
今後どのように台湾との協力関係を深めていくかを検討することが必要だろう。




WHOの台湾排除に日本「地理的空白を生み出すな」…中国は「強烈に不満だ」 :読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/world/20200207-OYT1T50098/

xnomb at 10:30COVID−19 | 資料 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
  • ライブドアブログ