2020年02月19日

高額の家庭教師を依頼するときの注意

家庭が高額の家庭教師を依頼するときの注意というものはあるのである。
ここで、高額とは、おおよそ1時間(税抜)2万円以上程度。
イメージとして、受験指導のベテランクラスといっていいだろう。

私もそうだったので、事情を知っている。その話をしよう。
中学受験、高校受験、大学受験を問わず、高額の家庭教師には共通点がある。

短期間で成績が上がらないとすぐくびになるのだ。
つまり、直近の試験で成績を上げなくてはならないのだ。例えば、中学受験生なら、たいてい塾に通っており、毎週テストがある。それに成績向上の結果がでなければ、すぐに家庭から契約を切られてしまうのだ。

そして、プロの家庭教師は、短期間で成績を急上昇させるすべを知っている。かなりの確率で成績を上げることができるのである。しかし、それは本当に実力がついたとは言えない。

(これは、私の個人的意見ではない。ある超ベテラン講師は、何か月も先の入試のことなど考えていられないと正直に私に話した。)

だから、それでやる気がでて、勉強していくなら本当に学力が身についてくる。
しかし、自分ができるようになったと過信するなら、かえって依存的な学習になるだけだ。急に成績が上がっても、それは表面的な成果にすぎないのである。

したがって、まずいやり方は、怠け者の生徒に、テスト前に臨時で依頼するというやり方だ。例えば、名門私立中学の生徒で、頭脳は優秀だが勉強する気がなく、小学校の算数的な発想が抜けない生徒に、定期試験の前だけ数学のテスト対策を依頼するといった場合である。

教えるほうがどんな達人だろうが、勉強するのは生徒本人だ。
実際、塾や予備校や家庭教師で、成績が上がらず、自信を失っている受験生は多い。

重要なのは、勉強なんてちょろいと思い込むことなのである。
それで、やる気がでて地道に勉強していけば、本当に成績が上がってくるのである。
そのきっかけになるために、依頼するというのが望ましい。つまり、勉強のやる気、意欲と自信(自己効力感)、学習のペースと勉強方法を学ばせるのがよい。


xnomb at 12:49受験戦略 | 勉強法 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
  • ライブドアブログ