2018年03月

2018年03月20日

教えていると、言われたようにやればできるのに、どうして生徒ができないかのか思うことがある。

指導者は、生徒より経験が豊富である。
だから、自分のやり方でやる方が良いことを知っている。
これは、しばしば正しいだろう。

しかし、相手は自分とは違うのである。
そして、言われたようにできないことがあるのだ。

それがわからずに、なぜ言われたようにやらないんだと言っているうちは指導者として三流である。




xnomb at 14:32雑感勉強法 

2018年03月13日

【米朝会談のシナリオ】
アメリカと北朝鮮の首脳会談が行われるそうだ。状況が不透明だが、いくつかシナリオと影響を与える項目について書いてみたい。(将来考えが変わるかもしれないが、あくまで現時点での感想である)

いくつかの可能性があり、5つのシナリオを示す。

1.不調に終わる。
2.会談は成功し、北朝鮮は核を放棄する。
3.北朝鮮は核を放棄するが、その代わり、米韓同盟は破棄される。
4.北朝鮮の核武装を容認する。ただし、ICBMの配備は認めない。
5.交渉は決裂し、戦争になる。

状況は流動的だが、日本は起こった出来事にたいして対処していくしかないと言える。
私は、結局北朝鮮の核を限定的に認めざるを得ないことになるかもしれないと思っている。


1.不調に終わる。
会談は結局行われないかもしれない。また、行われても物別れに終わり、現状のまま推移するということが考えられる。一番ありそうに思える。

2.会談は成功し、北朝鮮は核を放棄する。
金正恩にとっては日米の圧力に屈した形になる。しかし米国からの攻撃は避けられ、金正恩政権は生き延びることになる。私は、この可能性も少しはあると思う。アラファトも妥協した。ハト派は譲歩できないが、タカ派は反対はを押さえつけることができて和平に応じることがあるのだ。

3.北朝鮮は核を放棄するが、その代わり、米韓同盟は破棄される。
北朝鮮は、米国からの安全保障として沖縄からの撤退も要求するかもしれない。この可能性もわずかだがある。おそらくこれが米国が検討している最大限の譲歩であろう。

4.北朝鮮の核武装を容認する。ただし、ICBMの配備は認めない。
これは、やむを得ぬ場合には、米国が安全なら日韓は核で脅かされても仕方がないという選択もあり得る。

5.交渉は決裂し、戦争になる。
この場合、米国の勝利はほぼ確実だが、大軍による戦争準備には時間がかかる。このため、しばらくは双方とも(特に米国は)交渉で時間稼ぎをする可能性が高い。

シナリオに影響を与えそうな項目を以下に述べる。

続きを読む

xnomb at 14:55政治雑感 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
  • ライブドアブログ