2016年02月

2016年02月19日

1.昨年12月、ハワイ州最高裁判所は、世界最大の望遠鏡の建設許可を無効と採決した。

ハワイのマクナロア山頂には、13もの天文台がある。空気が澄んでいて天体観測に適するためだ。しかし、今度できる30メートルの超大型望遠鏡の建設は頓挫した。

TMTピンチ!? ハワイ州最高裁、世界最大の望遠鏡「TMT」の建設許可を無効と判決
>2015年12月2日(現地時間)、ハワイ州最高裁判所は、世界最大の望遠鏡「30メートル望遠鏡」(TMT)を建設するための許可が無効であるとの判決を下した。
TMT建設許可に関するハワイ州最高裁判決について (12月16日更新)


建設を進めたいとしている。たしかに学門の進歩という点ではこの望遠鏡への期待は大きい。

この望遠鏡は日本も協力しており、生命のある惑星を見つけることも想定されている。

2.地上の天文台については、再考したほうがよいのではないか。

マウナケア山頂は、先住民たちにとって、神聖な場所だからだというので反対運動がおきている。

ハワイ州知事も、昨年5月天文台の一部撤去を求めている。
ハワイの天文台、4分の1撤去を

ここで、日本の天文台「すばる」については、撤去要求の対象にはなっていないようである。

だが、いくら空気が澄んでいても、地上からの観測は深海底から観測しているのと同じようなものではないか。

実用上の必要のために、文化を犠牲にしなければならない場合もあるかもしれないが、別に他所の惑星の生命とかわからなくてもすぐには困らない話である。

3.天文台は宇宙空間に作ったほうが良いのではないか。

いっそのこと、宇宙とか月面に天文台を作るようにしたほうが、長期的には学問的にも進歩するのではないだろうか。

もし宇宙空間につくれば、大気のゆらぎもない。
現在は補正が可能であるが、宇宙空間なら、大気で吸収される波長でも観測できる。

それに、望遠鏡は、ようするに、光を集める反射鏡と検出装置があればいいわけだ。あと骨格や動力だが、宇宙空間のほうが風や振動もなく、24時間観測できる。

費用とかの問題もあるかもしれないが、技術的に工夫して超大口径の望遠鏡ができるのではないだろうか。


xnomb at 13:10トラックバック(0)科学 
1.重力波の初の観測と同時に、ガンマー線バーストという現象も観察されていたそうだ。今まで知られていなかった現象かもしれない。
「宇宙最大の爆発」も観測 重力波とほぼ同時に(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160218/k10010413031000.html

ところで、この現象を観測したのは、天体観測衛星「フェルミ」だそうだ。地上からの観測ではわからないのだろう。

2.X線天文衛星打ち上げ成功

天体観測衛星「ひとみ」(アストロH)が17日打ち上げに成功した。
地上では大気に吸収されてしまうX線での観測が期待できる。

天体観測衛星「アストロH」 打ち上げ成功(NHK)


X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)


3.重力波観察のための装置を積んだ衛星も開発されている

重力波を地球ではなく宇宙空間で検出しようというプロジェクトがある。

重力波検出を宇宙空間で。LISAパスファインダー、始動

>2015年12月3日に打ち上げられた宇宙船LISAパスファインダーでは今、本格的な実験が始まりつつあります。
>宇宙でふたつの自由落下する試験質量を使ったレーザー干渉計実験が成功したのは、世界初

これは、二つの物体の距離をとても正確に測る装置で、まだ直接重力波の検出を目指しておらず、精度を上げるための実験である。

>LISAパスファインダーの先にはeLISAというミッションがあり、そこでは宇宙船2機を100万km離して配置、それぞれに試験質量を載せて距離を測るという壮大な実験が予定されています。

将来は宇宙空間で重力波の検出を目指すそうだ。
宇宙での天体観測は今度発展していくことが予想される。




xnomb at 11:50トラックバック(0)科学 

2016年02月18日

1.重力波望遠鏡は、19世紀のマイケルソン干渉計の改良型
ついに重力波が観測された。それで、検出装置のすごい精度が話題になっているが、原理は、なんとマイケルソン干渉計の改良型なのだ。つまり、マイケルソン・モーリーの実験により、相対性理論の元となった光速度一定を導いた実験装置と同じ原理である。

もちろん、当時はレーザーなどなかった。重力波の観測にもちいた装置はすごいが、すべて観測精度を上げるための工夫であり、原理は19世紀の学者が考えたものだ。

2.相対性理論は実に厳密に成り立っている
地球から太陽までの距離が原子1個分ぐらい伸縮する程度まで成り立つのだから。当たり前のことかもしれないが、ものすごい精度である。(現時点において、相対性理論と量子力学は常に成り立っている。つまり例外は見つかっていない)

3.当分は観測以外役に立たないのではないか
せっかくの大成果に水を差したくないが、重力波はすぐに役に立つ話ではないと思う。(笑)

電磁気学の理論から24年後に発見された電波は、現在では様々な分野で使われて、なくてはならないものになっている。

では、一般相対性理論から100年後に観測された重力波はどうなのだろうか。

こんなことをいうとなんなのだが、将来はすごい技術になるのかもしれない。しかし当分は宇宙観測以外には使えないのではないか。

一般相対性理論自体は、スマホで利用しているGPSにも使われている。だが、宇宙ロケットはまだニュートン力学の時代である。

重力波が実社会に応用されるのは、しばらく先のことになるだろう。

現時点で考えらえるのは、重力波による天体観測である。
重力波望遠鏡といっても、重力波がどの方向からきたかわからないじゃないかと思うのだが、地球上にいくつも作れば、時間差からおおよその方向はわかるのだろう。

他の観測手段(電磁波やニュートリノなどの観測)と組み合わせることで、深宇宙が観測でき、天文学の進歩に寄与するだろう。

日本でも、岐阜県神岡鉱山内のKAGRAが来月から試運転が始まる。重力波の第一発見は間に合わなかったが、精度の高い観測が見込まれている。

xnomb at 12:21トラックバック(0)科学 

2016年02月10日

教育について書いてみます。
人は、しばしば目的と手段を混同しがちです。

それは、教育、特に教育改革、入試改革においてそうです。誰もが反対できないようなお題目を並べ、実態とかい離し、それで過去何度もうまくいかなくなりました。

今やっているアクティブラーニングや大学入試の改革も、その目的を達成し、過去の轍を踏まないようにするには、どうしたらよいか、真剣に考えていかなければならないでしょう

xnomb at 20:37トラックバック(0)教育 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
  • ライブドアブログ