2013年06月

2013年06月18日

生物の祖先がセッ氏75度以上の熱い海に住んでいたのではないかという
東京薬科大の赤沼哲史氏ら東京薬科大と東京大学の研究チームによる生物進化についての研究が米科学アカデミー紀要電子版に発表された。

Akanuma S, et.al.
Experimental evidence for the thermophilicity of ancestral life
PNAS June 17, 2013


ヌクレオシド2リン酸キナーゼという酵素タンパク質の遺伝子を様々な生物で解析した結果だそうだ。

生物は熱水の中で誕生したか、熱水に適応した生物の子孫だけが
生き残った可能性を示唆しているといえるだろう。

xnomb at 09:46トラックバック(0)科学 
twitter
RSS
  • ライブドアブログ