2009年10月

2009年10月26日



★週末はアクティブ・ブレインセミナーに参加してきました。

日曜はアドバンスコースにでました。

記憶法を超えたアクティブ・ブレイン記憶法


文章を覚えるといった高度なことまでどんどんできるようになりとても感動しました。(^^)

せっかく学んだので、練習してうまく使えるようになりたいです。

このセミナーですが、かなりよくできています。教え方の面でもとても参考に
なりました。

講師の小田全宏氏は、人材育成の会社を経営し、アクティブ・ブレインセミナーを創始し、富士山を世界遺産にする活動のリーダーであり、作曲をしてフルートを演奏してCDまで出すという多才な方です。まさに教育者というかんじでとてもよかったです。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村




xnomb at 10:53トラックバック(0)今日のできごと自己啓発 

2009年10月17日

★天才になる方法を考えてみる。


・まず、何に天才になるか決める。

・そのためにも、自分の適性、性格タイプを明らかにする。

・現実的な方針を立てる

・よい指導者をもつ、ないしよい出会いをする
夢を語り合える仲間をもつ

・徹底的に反復行動する

・理想の環境を整える

・緩急のリズムをつける

・創造性を発揮する
時代の状況を自分の人生として生きる


といっても


やはり時代の流れに乗り、時代の課題に答えることが天才
発現に必要であるといえる。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村



xnomb at 04:37トラックバック(0)自己啓発雑感 

2009年10月09日

★今年度のノーブル医学生理学賞は、アメリカのエリザベス・ブラックバーン氏ら3氏が受賞しました。




老化防止が可能になるかもしれませんね。


xnomb at 16:59トラックバック(0)科学 

2009年10月02日



日本の宇宙輸送機「HTV」を載せたH2Bロケットが先月11日に打ち上げられ、18日、国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした。

日本の宇宙技術が進歩したのはとてもうれしいです。

HTVはこの半世紀の日本のロケット技術の発展の集大成ということができます。



さらに、前原国交相は29日、日本独自の有人ロケット開発に向け検討を進める方針を明らかにしたそうです。

日本も有人ロケット、前原国交相が検討表明(読売新聞)
表敬訪問した宇宙飛行士の若田光一さん(46)が「日本が世界に貢献するには独自の有人打ち上げ能力、有人宇宙船が必要」と呼びかけたのにこたえた。前原国交相は「有人打ち上げはどうしたら可能なのか。一つの大きな目標ができた」と語った。


といっても、


私は、有人宇宙旅行は、研究という点ではほぽ時代後れだと思います。

無人機のほうがよほど安価で役にたつからです。

HTVの総開発費用は約680億円で、今回打ち上げられた技術立証機の建造費用は約200億円なのに対して、有人宇宙旅行は数兆円かかると考えらます。

研究という点では既に宇宙の時代は終わったといえます。


スペースシャトルなどは、巨大プロジェクトのため、誰も無駄だといえなくなった公共事業の最たるものです。


将来、地球に住めなくなったとき、人類が他の惑星へ移住するために
有人宇宙旅行の技術開発をするという意味がないわけではないですが、現在においては、他にやることがあると思います。



にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村


xnomb at 04:54トラックバック(0)科学雑感 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
  • ライブドアブログ