2008年11月

2008年11月24日

★今日は、忙しかったです。

・塾の授業があって、その後家庭教師に行きました。


中学受験生のA君は、1月でとてもよくなりました。

母親によると、理科が一番嫌いだったそうなのですが、今では
進んで勉強するようになり、しかも集中力が途切れない。

勉強自体に熱意があるので、成績を気にする上位の受験生より
頭の回転がよいくらいになっているのです。

blog ranking
 ↑ ↑ ↑
ここをクリックして! ブログランキングにご協力感謝します。(^^)


・試験という点ではかなり大変です。

実は、

3ヶ月でやるなら、大学受験のほうがやりやすい。
高校受験なら楽勝。

中学受験は時間がかかるのです。


でも、とにかく勉強を主体的にやるようになったのがとてもよい。
内容など、試験が終わったら大半を忘れますからね。(笑)
熱意こそが一番です。

このようになるのは、実はやり方にも秘訣があるのです。

今日は、顕微鏡を使いました。
実物教育がどうしてもあった方が良いのです。

特にこの年代の場合、本だけではとても難しい。
教育産業の課題ですね。


blog ranking 面白かったら、ここをクリックしてください。


xnomb at 23:15トラックバック(0)今日のできごと勉強法 

2008年11月20日

★エイズウイルス(HIV)感染の7割がゲイなのか。

エイズが発生したころのアメリカみたいになってきた。


新たなHIV感染者、過去最多294人 7〜9月(朝日新聞)


>厚生労働省のエイズ動向委員会(委員長=岩本愛吉・東大教授)は19日、7〜9月に新たに報告されたエイズウイルス(HIV)感染者数が294人だったと発表した。

>累計感染者数も初めて1万人を突破した。

>HIV感染者の内訳は、同性間の性的接触によるものが211人(72%)と最も多く、日本人男性で97%を占める。


日本は増えているといっても、アメリカの成人感染率0・6%、中国の0・1%
などと比べるとずいぶんすくない。

だが、今後は増えていく可能性がある。


ところで、

感染原因の3割弱は異性間接触であろう。女性の感染が30分の一以下というのは、
少なすぎるような気がするがどうなのだろう。

実際には感染したが、報告されない人がいるのか、それとも異常に性的活性
の高い女性の感染者が感染源になっているのだろうか。



blog ranking 面白かったら、ここをクリックしてください。


xnomb at 11:38トラックバック(0)科学雑感 

2008年11月15日

★昨日は、プロ家庭教師の技を盗みに行っていました。(^^)

名門指導会の西村先生の授業を見学させてもらったのです。
西村先生は、私が20年前に塾に勤めていた時、自分がいた教室の
教室長をしていました。つまりかつての上司ですね。

とても勉強になりました。

生徒とのやりとりとか、自分で考えさせて問題を解かせていく
テクニックが素晴らしかったです。


それに、


なんといっても、指導のスピード感があります。

聞いている私でも、途中で集中力が切れてくる。(笑)

生徒のほうは結構ついていけるのです。

いろいろ、気づきがありました。

家庭教師や個別指導の場合、なかなか他の人の指導場面を
見ることができないので、大変参考になりました。
blog ranking
 ↑ ↑ ↑
ここをクリックして! ブログランキングにご協力感謝します。(^^)



xnomb at 07:18トラックバック(0)今日のできごと 

2008年11月08日




アジア人とアフリカ人のゲノムの解析ができたようである。


blog ranking
 ↑ ↑ ↑
ここをクリックして! ブログランキングにご協力感謝します。(^^)


人類の多様性と現生人類の起源の研究が進みそうですね。


余談ですが、


現生人類の模式標本は、19世紀のアメリカの白人男性
で、生前は動物学者でした。

陸上脊椎動物の標本をたくさん作って、最後は自分自身が
標本になったのですね。


blog ranking 面白かったら、ここをクリックしてください。


xnomb at 08:36トラックバック(0)科学 

2008年11月04日

★東大生のノートとかが、話題になっているようですね。

・いろいろなやり方があると思います。

若い人たちから、学ぶ気持ちになっていろいろ試してみます。


blog ranking
 ↑ ↑ ↑
ここをクリックして! ブログランキングにご協力感謝します。(^^)


★もっとも、やらないだろうこともあります。

それは、最近はやりの「速読」と、和田秀樹などが主張していた「数学の(解法の)暗記」

自分にとっては、

1)本を早く読む意義などどこにもない。

2)数学の解法を覚える暇があったら、他のことを覚えたほうがよいからです。


★もっとも、本当にやりたいことがある人は、
方法論をあれこれやったりはしないでしょう。

・やりたいことを、どんどやっていくだけですから

なにか、「効率的なやり方があるのではないか」

などど考えること自体が、既に発想で負けている。(笑)

・案外、経営もそうかもしれない。

うまくいくやり方だのという人は、経営コンサルタントのほうがあっている。

「野球の上達法」に興味のある人は野球の指導者には向いています。
でも、野球選手としてはどうかというのと、同じです。


そうはいっても、

指導する点からいっても、いろいろな勉強法を知っておくことに越したことは
ないからです。


★私の感想では、

意外にも、、、

勉強ができなくて、苦しみ抜いて、できるようになった
予備校講師とかは、実はあんまり役に立たないような気がしています。(笑)

案外、しれっと、できるようになってしまった人のいうことの方が
本質をつかんでいるように感じることがあるのです。

英語なら、英語自体なら英語のプロに聞いた方がよいのですが、
勉強法という点では、大学教授の書いた本のやり方などで、平凡なのですが
それなりに役にたつものがあります。

もちろん、人それぞれですから、自分がよいと思ったやり方を
やってみればよいのです。



★勉強の効率ということについては、高ければよいというものではありません。

はっきりいって、


スピードだの、効率だのを売り物にするのは、


できない人、初心者をだますテクニックです。(笑)


でも、低すぎるのは、もちろん悪いです。

全然遅いのは、プロにはなれません。

ちょうどよい速さと精度が必要なのです。





blog ranking 面白かったら、ここをクリックしてください。


xnomb at 21:16トラックバック(0)勉強法受験戦略 

2008年11月03日

★パン酵母の寿命を10倍に伸ばす研究があるそうだ。

ヒトに応用すれば、800歳まで生きられるというのだが、
本当かねえ。

blog ranking
 ↑ ↑ ↑
ここをクリックして! ブログランキングにご協力感謝します。(^^)



Life Span Extension by Calorie Restriction Depends on Rim15 and Transcription Factors Downstream of Ras/PKA, Tor, and Sch9
http://www.plosgenetics.org/article/info:doi/10.1371/journal.pgen.0040013



カロリー制限、つまり小食は、酵母からネズミにいたるまで、
多くの生物で老化を遅らせ、寿命の延長をひき起こすことが知られている。

Weiら南カリフォルニア大学の研究者らによってなされた
研究では2つの遺伝子(RAS2とSCH9)に手を加えることによってカロリー摂取を削減できるというもの。

霊長類では、カロリー制限は老化を遅らせることがわかっているが、
寿命を伸ばす効果は確認されていないようだ。


blog ranking 面白かったら、ここをクリックしてください。


xnomb at 12:30トラックバック(0)科学 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
RSS
  • ライブドアブログ