2014年10月11日

2014年のノーベル物理学賞は、赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の3人の日本人に授与されました。 おめでとうございます。 日本人の受賞はうれしいですね。(中村氏は現在は米国籍ですが)

xnomb at 20:37トラックバック(0) 

2014年09月14日

一般に、理系の学生は、数式処理で公式を理解するわけだ。しかしそれがすべてではない。
ある生徒は、図形的な理解ではじめて納得した。
私に言わせると、これは、歴史的には数学者がやってきたことである。
続きを読む

xnomb at 11:27トラックバック(0)勉強法雑感 

2014年09月01日

面接試験について、当事者以外本当のことはわからないという前提で話す。
一つわかっていることは、面接を点数化している場合には、その配点は比較的小さなものになる。

面接などという面倒なことをするのなら、大学がそれを重要視していないわけはないのだが、入試対策全体からみると教科の勉強のほうが重視される。特に、難関校ほどその傾向があるといえる。

京都大学医学部医学科の場合、一次選抜はセンター試験であり、昨年の場合9割以上が通る。その後二次試験がある。二次試験は前期日程で筆記試験と面接があり、この結果にセンター試験の成績を加味する。競争率は約3倍である。

大学のホームページによると1300点満点で、そのうち面接点は、50点である。つまり全体としては面接の比重は小さいわけだ。

具体的には、センター試験の結果を一教科50点満点、つまり五教科で250点満点に換算する。大学で行う入試は、筆記試験が1000点と面接が50点で合計1050点。全部合わせて1300点となる。
つまり京都大学医学部に合格したいなら、大学で行われる試験のうち筆記試験
の国語と英語と数学と理科二科目の準備をして高得点をとれば良いのだ。
(配点は国語150点、数学250点、外国語と理科がそれぞれ300点)

とはいえ、一点を競うのが競争選抜である。昨年度の合格最低点は1300点満点中の900.90点だが、合格者の平均は957.07点、トップ合格者でも1072.85点なのである。狭い範囲に集中しているといってよい。
そこで、5点や10点や20点なら面接で挽回できる。面接点もセンター試験の一教科分はあるのである。そして京大の受験生ならセンター試験はどの教科もそこそこできて大して差がつかないのだ。面接点は、本人は自分はできると思っていても0点があり得る。満点かもしれないが。また面接で決定的な問題点が見つかったら、いくら点数がよくて入れるわけにはいかないだろう。

一方、筆記試験は白紙答案を出したが面接は素晴らしかったという場合には、配点からみて現実的に入学は無理である。

結論として、平凡だが、各教科の勉強をしっかりすることに最重点を置き、その上で面接も準備するというのが良いということになる。

xnomb at 18:36トラックバック(0) 

2014年08月30日

面接の対策はした方がよい。本当に志望するなら当然である。

ただし、入試の面接試験について留意しておく点が一つある。

それは、どの程度面接を重視しているかは、実ははっきりしないのである。
さらに、面接試験の基準がどのようなものであるか公開されていないのである。

つまり、巷であれこれ言われていることがあっても全て憶測である。

その大学の教授に聞いたとしても、たまたまその研究室の考えにすぎないかもしれない。そもそも他人には話さないはずだ。

このことを知っているだけでも、周りの雑音に惑わされることは減ると思う。

そのことを前提としてなのだが、やはり重視されていると考えた方がよい。

だから、本気で入りたいなら一応の準備はしていくものなのである。

xnomb at 11:42トラックバック(0)試験勉強の方法受験戦略 

2014年08月18日

週刊朝日(2014年8月22日号)に、「”受験必勝”ママのスーパー子育て術」という記事がでていた。

>まず揚げた目標は、3歳までにのべ1万冊の絵本を読み聞かせ、のべ1万曲の歌を歌って聞かせること。

3人の息子を東大医学部へ進学させ、1人の娘も進学校で東大医学部を目指しているという家庭の母親の話である。

すごいというほかない。

以下紹介したい。

>「私なりに『受験を極めてみたい』と思って、子育てをしてきました。

>比べないこと、同じように愛情を注ぐこと。

>習い事も4人とも同じ。1歳から公文に通い、3歳からバイオリン、4歳からスイミング。

>4年生からは進学塾へ

>絶対に比べないけれど、各自が弱い部分はきちんと把握して、その子に応じた方法で改善策を考え、教えてきました。


うーん。ここまでやるとは。さすがである。
教育ママの鑑だと思う。

(ここから)
受験競争に反対の意見もあるとは思います。けれど、集中すること、努力すること、目標に向かって一途に進む力。これらは将来、絶対に役に立つと信じています。
(ここまで)

単なる結果ではなく、将来を見据えたこの判断と考えた、強力な指導を成功させた理由だろう。


ただし、4人とも特に反抗期はなかったということと、母親の言うことを聞けば合格するとわかってたからというのは、また別の話ではなかろうか。学校いきたくないというやつもいるからね。


あと、私の感想だが、秀才だと医学部に進学するという時代だなあと思う。私が受験生の時も医学部が一番難関だったが、これほど集中していなかったと思うのだよね。




xnomb at 10:19トラックバック(0)試験勉強の方法資料 

2014年08月14日

誰もが正しいと思っていたが、まだ証明されていないとした仮説の証明が完了した。

ケプラー予想(1611年)は400年後証明が100%完了したそうだ。
(この仮説は、ユークリッド三次元空間に、球をどのように充填しても、面心立方格子(立体最密充填)よりも充填率が高まらないという。)
提唱者のケプラーは天文学者のヨハネス・ケプラーと同一人物である。

球を空間内に一番多く詰め込むのは、一列目をびっしりつめた上に、そのすきまの上に2列目をびっしりとつめるパチンコの玉を箱につめたような状態である。どう考えてもこれ以上は詰め込めないはずだ。

だから、数学的な証明はできていなかったそうなのだが、化学や結晶学では、当然正しいものとして教科書にも書かれていた。

この仮説の証明は、米ピッツバーグ大学のトマス・ヘールズ教授が1998年に発表した文章で300ページにも及ぶものだ。「フェルマーの最終定理以来の難問が解けた!」と世界中が沸き立ったのだが、間違いチェックがまだ終わっていなかったのだ。

4年後、審査員たちがギブアップしてしまい、なんと、2003年からコンピュータのソフトで間違いがないことを確かめたという。

ヘールズ教授は、「10年若返った気分だよ」と言ったそうだ。

コンピュータのソフトで定理の証明を確かめる時代になってきたというのが驚きである。

きっとこれからは、数学者の思考をコンピュータが助けるようになっていくのだろう。


400年の難問、「ケプラー予想の証明」やっと100%終わる


Announcement of Completion
>We are pleased to announce the completion of the Flyspeck project, which has constructed a formal proof of the Kepler conjecture.

xnomb at 21:14トラックバック(0)科学雑感 

2014年07月24日

こんなことをいうと歳だといわれそうだが、現在の若者はものすごく恵まれていると思う。

若いうちから様々な経験を積むことがますます容易になってきている。
ネットがあり、とても少ない費用でビジネスを含む様々な活動を始められる。

進路という点で述べてみよう。
弁護士になるには、かつては50倍ぐらいの司法試験に受からなければならなかった。現在でも難しいものだが、それでも20%以上の合格率だ。そしてロースクール(法科大学院)は定員割れのところが多いという状況だ。

医学部も入学定員数は増えている。ほとんどの大学で入試に面接があり、数倍の倍率で落としている。現在の医学部受験の難しさは異常ともいえるが、どこの国でもある程度学力が高い層でないと授業についていけないので、結構難しいはずである。

それに、医学部に理系(さらには文系も)の優秀な学生が集まっているので他の学部は入りやすくなっている。

チャンスはどんどん広がっているのである。


xnomb at 21:06トラックバック(0)雑感自己啓発 

2014年05月01日

学習を加速化する技の一つを書いてみます。
それは、自分の本棚の一番手の届くところに、
自分のレベルを上回る本を置かないということです。

意欲のある若者が背伸びしたがるのは常で、そうでないと
進歩できないでしょう。しかし、数学の初歩がわからないのに、
ゲーデルの不完全性定理を知りたいとか、やはり無理があるのです。
いろいろな不備が指摘されても、小学や中学や高校の教科書は年齢に相応したもので、とりつきやすいです。

受験でも、基本ができる前から、やたらと高度な本や問題集に手を出すのはかえって非効率になります。

もちろん、辞書や、高度な参考書もあったほうがいいのです。
しかし、自分がいつも使うのは、自分に合ったレベルの教科書や参考書や問題集だけに絞るわけです。

こうすると、徐々に実力がついてくるわけです。

xnomb at 08:56トラックバック(0)勉強法 

2014年04月13日

昨日は今年合格した生徒と親が来塾しました。
大学では授業の進み方がはやいです。
大学生活をエンジョイしてくださいね。

昨日、今年合格した生徒と母が来塾しました。お菓子をもらいました。
大学の入学式は終わって、授業はこれからだそうです。
必修の授業で高校の物理の範囲を1回の授業で復習するそうだとか言っていました。本人は物理を勉強していなかったのでどうしようと話ていました。

大学では高校と違って、授業がどんどんすすんでいきます。それで
新入生は戸惑うことがあると思います。

地道に学んでいくことが重要です。
それでも、高校の時よりもっと楽しいことでしょう。
将来は大学院に行きたいとのこと。
楽しい大学生活を過ごしてくれればと思います。

xnomb at 07:28トラックバック(0)今日のできごと梶川塾 

2014年04月12日

STAP細胞問題について、パブリックコメントを送りました。
(宛先:内閣官房、国家公安委員会・警察庁、文部科学省)

(ここから)
STAP細胞問題について、検証チームには犯罪心理学の専門家を加えることを推奨します。

科学者は、性善説に基づいて研究しているので、
悪意の詐欺に対して抵抗力がありません。

自然は嘘をつかないことが暗黙の前提です。

捏造問題について、検証する際には、犯罪心理学の専門家を加えることを
強く推奨いたします。
(ここまで)


パブリックコメントを書くのは、秘密保護法以来2回目です。

xnomb at 09:33トラックバック(0)科学今日のできごと 

2014年04月11日

STAP細胞について、現時点ではないとみなすべきだ。
何の証拠も出さずに、存在していると言われてもねえ。

むしろ私としては、擁護する心理に興味を覚えた。
戦時中、大本営発表を信じたかった日本人と似ている面があるように見える。
「私は宇宙人を200回以上見たんです!」というお話:つぶやきかさこ〜生き方・働き方・考え方+旅


xnomb at 08:47トラックバック(0) 

2014年04月10日

かつて超能力の検証チームには、一流の科学者のほかに当時のトップクラスの手品師が加わった。
STAP論文の検証には、犯罪心理学者をチームに加えるべきである。

xnomb at 09:42トラックバック(0)雑感科学 

2014年04月04日

鳥取大学のグループ(代表:鳥取大学医学部病態解析医学講座薬物治療学分野 三浦典正 准教授)が、癌を正常な組織に誘導する方法を報告しています。

鳥取大、癌は容易に正常細胞や良性細胞へ変換できることを発見

>単一のマイクロRNAを悪性度の高い未分化癌に導入すると、容易に悪性度を喪失させることができ、正常幹細胞へ形質転換できることを、世界で初めて発見しました。

これは癌の制圧に向けて重要な一歩になる可能性がありますね。


Hsa-miR-520d induces hepatoma cells to form normal liver tissues via a stemness-mediated process

xnomb at 06:37トラックバック(0)科学 

2013年11月17日

新課程でのセンター入試が始まる平成27年度からの大学入試センター試験の問題例が公開された。

結構紛らわしい、引っかけ問題のようなものもある。対策は様々な塾や予備校でやられるだろうから、そこで聞いてもらうとして、あえて言えば、教科書レベルといっても、不注意だと間違えてしまいそうだ。特に、大雑把な生徒とか、早とちりしがちな生徒は注意深くなる必要がある。試験が近づいたら、日頃から心がけて練習しておくとよいだろう。


平成27年度からの大学入試センター試験における数学、理科の問題例(試作問題)の公表について

xnomb at 18:12トラックバック(0) 

2013年09月02日

ゆとり教育が終わり、現在の高校二年生から、カリキュラムが変わった。

それで、高校の生物の教科書(東京書籍版)を見ると、内容が著しくレベルが上がっている。遺伝や代謝についても詳しいし、バイオテクノロジーとかも書いてあり、社会人が読んでも読みごたえのある内容で面白い。まるで、大学の教科書みたいだ。

だが、逆にいうと、一部の生徒には少し難しすぎるかもしれない。

例えば、新しい教科書では「電子受容体」といった用語がでてくる。
今までは高校では、「酸化剤」というのが普通だった。
というか、高校の理科では生物の代謝について化学の見地からは詳しくやってなかった。

だが、大学のテキストでは、「現在の太陽光は、植物にとって還元力が強すぎる」などと言った記述がでてくる。これは、日陰を好む植物が存在する理由の一つだが、これなど、高校化学で酸化と還元について学んでいないと、文章が意味不明である。

高校の教科書の内容が大学とつながっているのはいいが、それは
内容をきちんと理解しているということが前提だ。

そうでない場合、安直に暗記科目としてすまそうとしてきた生徒にとっては、かえって理解が難しいし、結果として大学へ進学しても、大学の授業がなんだかよくわからないといったことになりかねないように思える。



xnomb at 21:12トラックバック(0)教育勉強法 

2013年06月18日

生物の祖先がセッ氏75度以上の熱い海に住んでいたのではないかという
東京薬科大の赤沼哲史氏ら東京薬科大と東京大学の研究チームによる生物進化についての研究が米科学アカデミー紀要電子版に発表された。

Akanuma S, et.al.
Experimental evidence for the thermophilicity of ancestral life
PNAS June 17, 2013


ヌクレオシド2リン酸キナーゼという酵素タンパク質の遺伝子を様々な生物で解析した結果だそうだ。

生物は熱水の中で誕生したか、熱水に適応した生物の子孫だけが
生き残った可能性を示唆しているといえるだろう。

xnomb at 09:46トラックバック(0)科学 

2013年03月28日

ビッグバンから38万年後の、宇宙初期の光の名残を捉えた画像を、欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)公開した。これまでで最も詳細な画像だそうだ。

xnomb at 10:03トラックバック(0) 

2013年03月09日

医学部入試は難しいとよく言われる。
だが、難しいと言われすぎて、かえって入りにくくなっている面がある。高校生のうける試験なのである。必要な知識は学校の教科書の範囲である。世間の受験常識に惑わされないことだ。

医学部が難しいと言われるには3つの理由がある。

1.まず、医学部受験は確かに簡単ではない。他学部と比較して現実に難しいのだ。

 事情を知らない人は不思議だろう。以前から比べて、医学部の定員は増えており、高校生の数は減っているのにである。
 これは、以前のように、比較的入りやすかった医大の難易度が上がり、学力の低い学生は入るすべがなくなった。つまり、大学間の差が縮まったのである。

 以前の獣医学部受験生のようなものだ。獣医になるには、どこも同じように難しく、国立だと東大や京大ぐらいしかなのでどうしようと悩んだ受験生がいたわけだが、今の医学部もだんだんそうなってきたのである。

2.次に受験生にとっての感触である。つまり成績のよい生徒でも落ちている。
入試問題自体はさほどの難問でなくても、満点近くを狙うのは大変である。
当日のできによって、好成績の受験生でも落ちることがあるのだ。
数学や物理で満点でも、国語で点を下げてしまえば、全体としてはそこまでいかないのだ。
つまり、センター試験で9割を目指すなど、優秀な受験生でも、人によっては、目標設定が不合理である。

3.そして、予備校や受験本の影響である。
はっきりいって、医学部受験専門コースは値段が高い。
これで、医学部が大したことがないなんて言えないのだ。(爆)
受験生だって、難しい試験だから落ちたのだ、何年も浪人しているやつもたくさんいるのだと自分を納得させやすい。

しかし、現役で合格する生徒がたくさんいるのである。

さらに、考えてみよう。
多くの難関の試験では予備校に通わずに合格するのが不可能に近いが、大学受験では独学で合格できる。つまり、本当は全然独学ではないのである。知識は学校の授業で十分ということなのである。

やることをやれば、合格できる試験である。
このことを忘れて、他人やネットの意見に惑わされてはいけない。

xnomb at 23:27トラックバック(0)受験戦略雑感 

2013年01月30日

イヌの進化は人間の残飯を食べる消化能力を待つことだったという研究が発表された。 大型動物の家畜は、ほぼすべて、無文字社会で行われた。農耕の発展と関係があると思われているが、 どのようにして作られたのだろうか。きっと研究はこれから発展していくだろう。

xnomb at 00:04トラックバック(0) 

2012年12月29日

梶川塾の外壁塗装


梶川塾の外壁塗装が終わりました。


梶川塾の外壁

(塀ではなくて壁の方です)
すごくきれいになりました。

今年度の授業は昨日で終わり、今日で仕事収めです。
正月も、これからの仕事のこととかは考えています。




xnomb at 14:40トラックバック(0)今日のできごと梶川塾 
Profile
梶川信夫
学問とビジネスに成功を収めようとして努力している若者を応援しています。

昔も今も、星(スター)を探す科学少年


本名:梶川信夫

1959年生まれ
筑波大学卒業。
筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
東京都立大学大学院博士課程(生物学専攻)修了 博士(理学)

大学院の終了後は主に中学受験対策を行う学習塾へ就職。その後、
専門学校、家庭教師などを小学生から社会人まで幅広く教えました。

2007年12月より、理系受験専門の個人指導予備校「梶川塾」を経営。


得意技 変わった人と知り合いになれる♪

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
  • ライブドアブログ